旅する台所

気と食と農についての活動をしています。

12 2017

稲刈り

明日から雨が続くよ〜
今日刈るよ

村長からの一声で
わらわらと集まり
稲刈り

光のなか
一年ぶりのこの感覚
IMG_0626.jpg

FullSizeR-16.jpg


我らが村長
真砂さん

IMG_0627.jpg

真砂三千代さんの作ってくれたおむすびを
みんなでいただきました
みんな持ち寄りで作ってきてくれて
分けていただきました
全部おいしかった〜

雨が上がったら、黒米を刈る
そして、黒米100パーセントで炊いて食べる
身体中で心待ちにしている



03 2017

珈琲とお菓子



アトリエ夢珈琲「東チモール」とアトリエ夢珈琲のお母さんが焼いたお菓子

FullSizeR-14.jpg

今日のおやつ
一人でいった観音様のお参りのあと
食べた
そして
手紙を書いた

27 2017

「人生フルーツ」を観る

「人生フルーツ」というドキュメンタリー映画を観ました。
FullSizeR-13.jpg

住宅地に住み、庭を果樹の育つ雑木林と畑にし、豊かに暮らすご夫婦の映画です。
簡単に言うとそうです。
言葉にできない感想をどう表現してよいのか
困っています

並んで観ていて おなじところで 泣きました

コツコツやっていこう

また、スタートラインに立ち
なんどもなんども
行く先を確認し
これからを過ごしていく

映画ではいくつか重なる光景があり
そのたびに
アッと思いました

黒電話
丸いコロッケ

今日は丸いコロッケを作りました
FullSizeR-11.jpg

昨日は、醤油のお世話もしました
IMG_0598.jpg

コツコツ こつこつの日々

コーヒーを頼もうと「夢珈琲」に電話しました
「夢珈琲」のお母さんが電話で

「では、ご注文をくりかえしますね。
  夢をひとつと
  しあわせをふたつ
そして、おまかせでもうひとつですね」

 そして決まってこう続く

「私の焼いたお菓子をいれても大丈夫でしょうか?」

 ときめくのです
 これが聞きたくて
 また、「夢珈琲」のお母さんの携帯にかけてしまう

 夢がひとつと
 しあわせがふたつ

夢とは、「夢ブレンド」のこと
しあわせとは「しあわせブレンド」のこと

そして、夢珈琲のお母さんのお菓子

映画のワンシーンのように
素敵だな






23 2017

宿題

その1
夏野菜を使ってお弁当を作る
中一 家庭科

FullSizeR-8.jpg


その2
テーマを決めテーブルセッティングを考え、料理をつくる
高3 フードデザイン

FullSizeR-10.jpg

夜に言うなよ的な
でも、子供が自分でつくったと思えないほど美味しかった。
私が出る幕なし
夏休みが始まった頃に書いたとんでもなく
夢のような張り紙の
何が達成できたのだろうか・・・

洋服もクローゼットなどなく竹竿に吊るしたままだし
こころが毎日穏やかなはずもなく(疲れる日もあるさ)
寝る前のハーブティーは、暑すぎて飲めない
なんとなく
「生き生きと自分の好きなことを楽しむ家族」
だけが、叶っている

あと10年は、修行だと思っていた懐石料理の料理教室
昨日 突然 終わった
先生がごめんねって
使わないものあげるねって
その日の料理は、全く味がしなかった
ライオンの子供が
滝につきおとされたようだった

東京からの帰り道
気功の先生のことを考えて
気功教室もいつか終わるんだろうなっと思った
でもどちらもなくなるんじゃなく
ただわたしたちのなかに

生き続ける
廻り続ける
伝え続ける

「時が来ただけ」

そう言って移住を決めた友人もまた
突然だった

ふ〜きょうもまた暑い
明日から
学校がはじまる

「お弁当、生春巻きだけでいいよ!」

っと軽く言われる。
夜に言うなよ的な。




27 2017

夏休み中

いい香りのきれいな洗面所
リラックスできるリビング
共有スペースは
いつもここちよくてきれい
明るくやさしい音楽
自分だけのクローゼットには
気に入っている服だけがならび
開けるといいにおいがする
いきいきとじぶんの好きなことを
楽しむ家族
おいしくヘルシーな食卓
早朝泳ぐ海は最高
口には優しい言葉
こころは穏やかで流れるよう
体も軽く
あの波に乗っていきている
庭や小さな畑では
少しの野菜とハーブを育て
寝る前にはハーブにお湯を注ぐ
真っ白いシーツ
真っ白いタオルケットにくるまって寝る
そういう夏に私はしたい

宮沢賢治風にお読みください笑

実現しなきゃ意味がないので
洗面所ようのルームフレグランスを探してみたけど
お店で、嗅いでも嗅いでも
全然見つからない
「いい匂い」は、お店にはなかった

畑のラベンダーを吊るす
植物の効能は
強烈ではなく
なんとなく
なのだ
FullSizeR-6.jpg

このなんとなくが
たいせつ

最近マイブームの
自分弁当
FullSizeR-7.jpg

サラダにはドレッシングをかけなきゃという思い込みは
とっくの昔に忘れ
っというか、ドレッシングかけないで!っと
マジギレする娘が怖くて笑
「さらばドレッシング!」の
サラダ弁当にハマっている。

次女といえば
ぐちゃぐちゃの自分の小さなお部屋を
何回も何回も模様替えをし
ごみを出し
また、ぐちゃぐちゃにし
繰り返し
でも、我慢して見守った
だんだん
お、いいんじゃないの!
っという部屋になっていき
それが、彼女の内面と並行しているよう
少し嬉しい

何がいるのか
いらないのか
何が好きで
何が苦手なのか
自分で
なんども
やって
探したらいいと思う

見つけられないようなトンネルに
入ったとしても
きっと必ず
見ていてくれてる人はいる