旅する台所

ARCHIVE PAGE

archive: 2014年10月  1/1

かぼちゃ

かぼちゃだんだん大きくなってきましたかぼちゃってなんだかしあわせがつまっているようみんなにひとつずつ収穫できたらいいな今日のおべんとう木綿豆腐のからあげえのきの春巻き大豆とパプリカ・そばの実のサラダルッコラごま和え小松菜ソテー菊の甘酢漬け蒸したサツマイモ種から育てた野菜を詰めて勝手に一人で満足していますきっと昔は当たり前だった事にたどりつくまで、少し時間がかかりましたでも、やればできるんだと思えま...

  •  0
  •  0

東京丸の内朝大学「武士道」クラスの懇親会に配達に行きましたお料理の向こうでは、まじめに武士道の講義中受講されている方は、まっすぐな方々若い女性も多く、びっくりしました。授業でも終わってからも、鹿児島弁が会議室に響き渡り「鹿児島県人会」?みたいな雰囲気・・・私まで長崎なまりが出そう・・・(笑)ぐっとこらえてご挨拶鹿児島伝承の武士道を通してこの時代になにか照らし出していく道になるのでしょう若い女性やま...

  •  0
  •  0

畑とくらしとスープと

通称 下の畑もともとは、棚田だったようですが、今は、畑になっています地元の昔から住んでいらっしゃる方々が何人かで、借りて畑仕事をされていますご縁があって、その一部をおかりできることになって、約半年長ネギじゃがいも大豆サツマイモはこんなに・・・実っているように見えますが、土の下は、ほとんどアライグマにほられて、少ししか残っていません・・・とほほ先日のお弁当はこちら野菜は、とれたものを使います長崎から...

  •  0
  •  0

キラキラ

今日の畑大根がキラキラ間引いておむすびにするこれをおべんとうに添える部活やバレエの前に食べるらしいキラキラをまるごと食べているんだな〜ほんとうにおいしいものって何だろう・・「旅する台所」としての活動は、いろんな国を旅をして美味しいものを探すのではなく、自分の中を旅をして探し続けたように思いますそして、こんな日の畑でキラキラの野菜達を見ていると「ここにある」そう実感していますいろんな国の料理もきっと...

  •  0
  •  0

おべんとう

あめふりの今日時間があったので、中学校のお弁当はゆっくり作って靴箱に配達ピーマンを炒める色が鮮やかになったら、みりんをさっとかけ一煮立ちつぎにおしょうゆもみりんと同量にまわしかけ火を止める黒ごまは、指でひねりながら、かけるこうやって、一品ずつ作ってつめていくさんまの蒲焼ききんぴら豆腐で麻婆なすピーマンの黒ごま和え大根とパプリカの酢の物いつものたたき梅雨の音をききながらおべんとうを詰めて母さんとして...

  •  0
  •  0

森の畑にて

今日は、森の畑にて作業少し下り坂の森への道ここを抜けると6人でシェアしている畑へ出る斜面なので段々畑にして使わせていただいているみんなでの作業の場所には、大根、いんげん、にんじんルッコラなどの葉もの、玉ねぎも芽を出していた下の方に、長ネギを植え、冬の鍋に備える一年間の畑の計画、作業など畑の先生前ピーに教えてもらっている畑の先生は、なぜか唐辛子系が好きでハラペーニョをたっくさん!植えて自分で調味料を...

  •  1
  •  0

今日は満月ということで家と車の中を掃除をして明日、販売する野菜の収穫をしました袋詰め野菜の販売は はじめておわけするという気持ちの方が近いような気がしますなんだか、値段をつけるのがもったいない位の野菜たちみなさんのお役にたてるといいなルッコラなどは、明日の朝摘んでいこうガサッと盛りつけるとサラダの出来上がり畑では、お花も摘んで 空き瓶を利用しておうちに飾るようにしています自然に生けれるよう練習もか...

  •  0
  •  0

今日の畑

畑へ行く途中の竹林とても気持ちがいいので、少し寄り道青竹のなか 気持ちがいい〜奥には、小さな滝があって、雨のあとなので水量が増えて 滝らしい感じになっていたここの上には、民家がないので、汚水が混ざる心配も少なくきっと、田んぼに水がひけるはず・・・・と思った台風のあとの畑の様子は、あまり荒れてなかった大根や人参もすくすく大きくなり今日は、ごまの収穫、間引きと草引きをした最近、腰が痛いので(笑)休みな...

  •  0
  •  0

週末

遊んでばかりいてどうするの?畑の先生前ぴーは、燻製そしてテニスにへ〜こちらは、バスケにまた行くのね〜お母さんは、休みなしでさ〜栗もむかなきゃだし、しその実もつけなきゃん?お母さんも遊んでるみたいだって?そうかな?そうかもね。...

  •  0
  •  0

白崎先生

白崎裕子先生にお会いしたのは3.11の地震の日海に近いところに住んでいた私たちは、近所の会館に避難そこで出会ったといっても、白崎先生だと気がついたのは10日後くらいで先生だと知らずにスェットを着た女性と息子さんとお母様と猫と一日過ごした印象的だったのは、その女性(先生)が、夜中じゅう猫の世話をされていたこと猫が高齢で心臓がよわく、地震でショックをうけているはず・・・と夜中目が覚めたとき猫のそばにい...

  •  0
  •  0